瑞峰立山賞争奪戦2022【富山競輪場】

瑞峰立山賞争奪戦

レース展望

信頼性が高い松浦悠

富山競輪場開設71周年記念「瑞峰立山賞争奪戦」は、8月20日〜23日の日程で開催される。今シリーズは松浦悠士、平原康多、佐藤慎太郎、宿口陽一のSS班4名が参戦する豪華メンバー。熾烈なV争いが繰り広げられる4日間だ。

オールスターの結果で多少は評価が変わってくるかもしれないが、連の軸として最も信頼できるのは松浦悠士だろう。ビッグレースでは全日本選抜、ウィナーズカップでいずれもオール連対の準V、G3は2月奈良記念、4月川崎記念で優勝している。7月小松島記念7123着でもらしさを発揮していた。豊かなスピード、洗練されたレース運びで主役を務める。

2年連続でオールスターファン投票第1位に選出された平原康多。今年の成績は素晴らしく、1月大宮、3月大垣、4月武雄とG3で3V、ダービーでは3連勝で決勝に乗っている。だが、高松宮記念杯の東準決で落車し、6月久留米記念を欠場した。体調に問題がないなら中心視できる。宿口陽一も高松宮記念杯の東準決で落車しており、体調が浮沈の鍵となりそう。

もう一人のSS班・佐藤慎太郎は差し脚の切れが増した印象がある。今年の勝率は29 6%で、昨年の19 5%を大きく上回っている。G1はすべて優参を果たしていて、ダービーでは準V。現在は獲得賞金ランキング第3位で、グランプリ出場に向けて視界は良好だ。渡邉一成を目標に優勝を狙う。その渡邉は高松宮記念杯で東準決に進出、6月久留米記念は優参していて自力攻撃が冴えている。

素晴らしい伸びを披露している荒井崇博にも魅力を感じる。ダービー1226着、高松宮記念杯2124着とG1で立て続けに決勝進出。今年の勝率はジャスト4割、連対率は54 2%と圧巻の数字で、44歳ながら進化を続けている不思議なベテランだ。チャンスが巡ってくれば首位に躍り出てもおかしくない。九州勢では嘉永泰斗にも注目したい。G1の参戦は今年からだが、全日本選抜、ダービー、高松宮記念杯と続けて準決にコマを進めている。ダービーの準決では荒井を連れて主導権を握り、荒井の優参に貢献した。

地元の中部勢では山口拳矢に期待がかかる。最近は好調時のようなスピードが影を潜めているので、調子の上積みが欲しい。

69、70周年大会を連覇している稲垣裕之も忘れてはならない。調子もまずまずで3連覇に闘志を燃やす。

ドリームスタジアムとやま 富山競輪場公式サイト
ドリームスタジアムとやま 富山競輪場の公&#24335...

イベントファンサービス

【入場先着プレゼント】
4日間毎日、正面入場口にて先着200名様に『富山競輪ロゴ入りオリジナルタオル』プレゼント!

【地元選手応援】
地元選手が3着以内に入ると…その場でお菓子をプレゼント!
みんなで一緒に地元選手を応援しよう!

【富山競輪ポイントカードボーナスキャンペーン】
来るだけでポイントがたまるお得な富山競輪ポイントカード
さらにお得なキャンペーンを実施します!
富山記念競輪に4日間連続で来場したお客様にもれなく100ポイントをプレゼント!

【富山記念来場者限定応募キャンペーン】
各所に設置してある応募BOXに投函するだけで超レアなグッズが抽選で当たるチャンス!
・優勝選手のサイン入り チャンピオンユニフォーム 1名様
・決勝出場選手サイン入り 富山記念特製クオカード 9名様

【麻雀プロ競輪部トークショーとプチ予想会】
プロ雀士が競輪の予想をするチャリロト公式YouTubeチャンネル「麻雀プロ競輪部」が、富山記念を現地から毎日生配信!
スタジオから飛び出しトークショーやプチ予想会を実施

口コミ