日本選手権競輪2023【平塚競輪場】

日本選手権競輪

衝撃のラストを見逃すな

脇本雄太が連覇に邁進

第77回日本選手権競輪は、5月2日~7日の日程で、18年以来となる平塚競輪場で開催される。GⅠで最も権威がある大会に相応しく、SS班9名をはじめ全国各地から強豪が集結して覇を競う。昨年に続き、脇本雄太が連覇を達成するのか、それとも待ったをかける選手が現れるのか。Vのゆくえは果たして?

腰痛のため万全な体調での参戦は望みにくい脇本雄太だが、脚力は間違いなく輪界トップ。8割程度の調子なら大会連覇を達成できる。全日本選抜を連覇した古性優作。決勝は脇本の先行を差し切っている。最強タッグを組んでダービー初Vを睨む。近畿では18年当所ダービーの覇者・三谷竜生が復調気配にある。

地元勢の大将格は郡司浩平だ。破壊力満点の自力攻撃には定評があり、今年も成績は安定している。深谷知広も今年は早くも3Vと快調そのもの。両者は連係実績が豊富なので期待は大きい。

グランドスラマーの称号を得た新田祐大をはじめ、守澤太志、佐藤慎太郎、新山響平と4名のSS班を擁する北日本勢。好連係を決めれば、北日本勢が優勝をさらっても不思議ではない。

日本選手権競輪とは

毎年5月上旬から中旬ごろの6日間に渡って開かれる、競輪のGI競走である。

競輪においてもグレード制が導入されたことにより、KEIRINグランプリは企画レースとして別格・
最上位(格付けはGP)とされたため、本競走はそれに次ぐGIレースの一つとされた。

ただ、GPの格はグランプリのみであり、同列とされたGI競走の中でも、かつては前もってトライアルレースが行われておりそれを勝ち抜かなければ本大会の出場権を得られなかった(現在は廃止)ことや、歴史、正賞として授与される内閣総理大臣杯及びその他の各賞・名誉及び賞金額において、競輪界で最高の格式を誇るレース(事実上春の競輪実力日本一決定戦)である。そのため、競馬で最高の競走であるダービーになぞらえ『競輪ダービー』の通称で古くから呼ばれ、親しまれている。また、優勝者には内閣総理大臣杯のトロフィーが授与される。

第75回(2021年) は、2年ぶりに開催されたが、新型コロナウイルスの影響により、日本選手権競輪としては史上初の無観客で開催が行われた。

第76回(2022年) は、無事開催され福井・94期の脇本雄太選手が優勝した。

第77回日本選手権競輪 平塚競輪
平塚競輪場で2023年5月2日(火)〜5月7日(日)に開催する「第77回日本選手権競輪」の特設サイトです。

イベント情報

【5月3日】
・四千頭身お笑いステージ

【5月4日】
・岩佐美咲ライブステージ
・わんにゃんフェスティバル

【5月5日】
・スピードスケート金メダリスト髙木菜那スペシャルトークショー
・テツandトモお笑いステージ

【5月6日】
・マイメロディ&クロミスペシャルステージ撮影会

【5月7日】
・筧美和子スペシャルトークショー
・松本梨香ライブステージ

口コミ